戦国IXA RMT(HanGame)のワイアード

戦国IXA RMT(HanGame)-通貨購入 戦国IXA RMT(HanGame)-通貨買取
戦国IXA RMT(HanGame)
戦国IXA RMT(HanGame)インフォメーションRMTワイアードでは、sennkoku 戦国IXA RMT(HanGame) RMT銅銭を安全且つ簡単にRMT取引頂けます。
○豊富なストックとスピーディーな対応で、「一流の戦国IXA RMT(HanGame) RMT」をお約束いたします。
○ゲームを始めて間もないお客様や、sennkoku RMTのご利用が始めてのお客様はもちろん、
スピーディーで信頼できるRMT業者をお探しのお客様は是非当店をご利用下さいませ。

戦国IXA RMT(HanGame) RMT 銅銭 のメンテナンスは戦国IXA RMT(HanGame)公式ページをご確認くださいませ。
■カード取引可能銅銭について

■武将カード取引の注意事項
出品:毎日 0:00 締切 → 8:00 から落札開始
0:00 締切以降に出品した場合は翌々日の 8:00 ~ 落札開始
出品後、落札されずに○時間が経過した場合は出品を解除される。出品は10枚まで。
入札:8:00~8:15を除き、いつでも可能
入札後の金額変更、取消は不可能。入札は即落以外は10枚まで。
落札:毎日 8:00に落札処理される
出品した武将カードが落札されると、落札額から手数料を徴収されます。

注意
50口以上の御注文は複数の取引になる可能性がありまので、今日中に全額を渡せる保証ができません。
何卒予めご了承の程お願い申し上げます。

戦国IXA RMT(HanGame) (1口=10,000 銅銭)

サーバー名 3口~ 20口~ 50口~ クレジット WebMoney 在庫
ワールド 1+2 34 円 32 円 30 円 31.5 円 30.9 WM 4061 口
ワールド 3-10 39 円 37 円 35 円 36.8 円 36.1 WM 4800 口
ワールド11+12 42 円 40 円 38 円 39.9 円 39.1 WM 5189 口
ワールド13+14 34 円 32 円 30 円 31.5 円 30.9 WM 4456 口
ワールド15 44 円 42 円 40 円 42 円 41.2 WM 4458 口
(HanGame)金を購入代行(1口=1万金) 4994 円 4992 円 4990 円 5239.5 円 5139.7 WM 在庫切れ
(MIXI)金を購入代行(1口=1万金) 5904 円 5902 円 5900 円 6195 円 6077 WM 在庫切れ

※注意
ο在庫数、募集数及び価格は常に変動致しますので、予め御了承下さい。
ο御注文時に掛かる弊社への振込み手数料はお客様負担となります。
ο週初め及び休日明けは各金融機関のシステムが大変混雑し、お振込みの確認が午後になる場合がございます。
ο表の価格は税込の価格となります。
ο御取引を公平に行わせて頂く為、個別での販売価格の交渉は行っておりません。
ο御注文希望者が重なった場合は、在庫数の都合で購入、買取ができないことがございます。
ο御取引の継続が困難な場合、返金、返却、決済取消にて御対応させて頂きます、返金の際に掛かる振込み手数料は弊社負担と致します。
ο御注文への対応は営業時間内、随時行わせて頂いております。
ο御利用のアドレスによりましては、弊社からのメールが遅延する場合がございます。
ο弊社からのメールが迷惑メールボックスに保存される場合もございますのでご確認下

戦国IXA』はHanGame運営チームによりますと、SQUARE ENIX会社出品でございます。

『戦国IXA』は、所属する大名家を選んで天下統一をめざすゲームです。

群雄割拠の世の中だった日本の戦国時代。
あなたは織田家や徳川家などの大名家に所属する一員となります。
内政で国力を高めて、合戦での勝利をめざしましょう。
既存のブラウザ三国志が元になっているが、合戦システムが新しくなっている。基本的に無料でも十分楽しむことができる。
課金をすれば、様々な便利機能の使用、強力な武将カードの入手など、有利にプレイすることができる。
12カ国ある国のいずれかに所属して、他の国のプレーヤーと合戦を行い天下を争う。
プレイヤーは「部隊」を編成して合戦を行う
同じ国同士は味方になる
国内で同盟を作成して所属することが出来る ※同盟と国は別物
プレイでの主なカテゴリ
内政:所領の拡大と資源生産力を高めて兵力を増やす。
武将カードの収集と育成:様々な能力のカードを集め、合成などを行い強力な武将カードを育てる。
合戦:育成した武将で部隊を組んで国の天下を目指しながら、ポイントを獲得して行く。他に報酬も獲得できる。

RMT-Wired編集いたしました